相続税を節約したいなら先に必要なものを購入する

 

相続税は、そのまま支払ってしまうと、高額な費用負担となってしまいます。さすがに高額な負担を強いられてしまうのは、非常に厳しいところがありますので、何とかしてその負担を軽減して、相続税を減らしていかなければなりません。ここでよく利用されているのが、生前に相続分を使ってしまうことですが、最近は死後のことを想定して、必要なものを購入するという方法があります。
仏壇やお墓を購入することで、節約する手法が取られています。

亡くなってしまった後は、供養するための設備を購入しなければなりません。
日本では古来から、お墓を購入すること、仏壇を備えることが必要になっていて、これらのお金を支払わなければなりません。一般的には、亡くなってから相談をすることになっていて、必要になるときまでに、用意してもらえばいいことになっています。
しかし、先に購入しておけば、相続税として課税される金額が減りますので、相続税は通常よりも減らすことが出来ます。

本来やるべきポイントよりも、先に行うことが大きなメリットに繋がっているのです。相続税をどうしても軽減したいと思っているなら、まずは相続する金額を確認して、次に何を購入して減らしていくかを検討しておきます。
どれくらい相続税がかかるかは以下のサイトに計算方法が詳述してあります。

相続税の計算ガイド

まずは正しい方法で相続税計算をしてから、節税対策をしていきましょう。

借金の返済でよく用いられるWEB媒体とその理由

 

借金の返済では、しばしば方法が重視されます。というのもそれを返そうと思っている方は、プライバシーを保護したいと思っている事も非常に多いのです。
そもそも借りている方々の中には、ご家族に対して内緒にしている事があります。配偶者やご両親の方に内緒で、お金を借りている方もいらっしゃるでしょう。
そして借りたお金は、もちろん返すことになるのですね。問題はその返す場所です。場所次第では、ご家族に発覚してしまう可能性があるのですね。
例えば実店舗で返すような時です。基本的にほとんどの会社には、曇りガラスなどは設置されています。ですので店舗の中に入った姿などは、あまり見られる事は無いでしょう。
問題はその店舗に入っていく姿ですね。周りにご家族がいないのを確認した上で、実店舗に入っている方々もとても多いです。
また、借金がどうしても返せなくなった場合、家族に知られずに自己破産という手段をとる方も多いです。


借金の債務整理は法律に照らし合わせて行われる

 

借金をしている人は法律上、どのような形で負債を返済していけばよいのか考えている人も多いでしょう。

借金を返済していくのは自分で働いて、お金を稼いで返していくのが通常の考え方ですが、もし返せなくなってきたらどのようにすればよいのでしょう。

 

それは債務整理をすることです。法的にも弁護士が間に入ることで債務が減ります。最近は個人再生をする人もいます。個人再生とは、定期収入がある人が3年かけて借金を5分の1にして返済していく、という流れになります。

 

個人再生のやり方は、まず債務整理に詳しい弁護士に相談にいきます。弁護士が間に入るとすぐにカード会社に、債務整理をすることになったという通知が行きます。この時点でカード会社からの督促などは止まります。その後、弁護士とカード会社との間で返済額や年月について決めていきます。

 

法的にはこの時点で民事再生法13章の規定に従って進めていくという形になりますが、最低金額は100万円以上という金額で動くため、それ以下になれば個人再生はできません。小規模個人再生の場合も給与所得者再生の場合も法的には同じですが、給与所得者再生の場合は給与が毎月入ってくるため、小規模個人再生の場合よりも毎月の返済額が多くなってしまう可能性があるということは覚えておいてください。

 

何にしても、法律に照らし合わせて借金の債務整理は行われていくため、借金の返済に困っている方は、弁護士に相談することで明るい未来を描ける可能性が出てきます。

借金返済義務は相続で放棄できる

 

借金は個人が背負うべき負債というイメージが強いですが、法律上借金は仮に本人がなんらかの事情で死亡した場合に返済義務は相続人がいれば相続するものとして捉えることができます。

つまり相続人は借金を抱えている人の遺産を相続したいのであれば、同時に負債の分も相続するものとされて、別々に相続することは法律上不可能なのです。

そのことにより借金がある人の遺産を相続する場合は特に注意が必要ですが、しかし督促状などがなく借金があるかわからずに遺産を相続してしまい、のちに借金が発覚して負債の相続人に自動的になっているケースも少なくなのです。

なので借金があるかどうかわからない場合は、相続人となるときには相続する対象が何があるかよく調べてからでないと、法律上借金の返済義務も相続してしまうことになり、あとから相続放棄は一般的に不可能なため難しい問題に発展してしまうことになりかねません。

また相続人とは別に連帯保証人がいる場合は、その人にも返済義務がでてきますが、相続人と連帯保証人が同一人物の場合、相続放棄などで借金返済義務はどうなるのでしょうか。

連帯保証人が相続人出ない場合、相続放棄により返済義務はなくなることはなく、本人が了承してこれになったと認められれば返済義務は継続するものとなりますが、相続放棄などできる立場である場合、借金返済能力に関わらず相続放棄によりその義務を放棄したことになるのです。

また相続人で連帯保証人であっても、連帯保証人に勝手になっていた場合は判例によりこれに該当せずに相続しても借金返済義務は法律上必要ないことになるのです。

不動産売却を依頼するなら中小企業と大手企業のどちらが良いの?

 

「不動産売却に失敗したくないなら、とりあえず有名どころの業者に頼めばいいじゃん!」ときっと多くの方は口にするかもしれません。
確かに大手、というだけあって問題を起こせば世間からバッシングされることも分かっていますので下手な動きはしないかもしれません。
しかし大手には大手なりのデメリットもあります。

まず挙げられるデメリットは料金面ですね。
中小企業よりも質が高いということもあり、利用料金がかなり高くなってしまう可能性があります。その他に挙げられるのは対応の遅さです。
後者は企業にもよりますが、大手と言うだけあって別の件で忙しいとすべての案件に対して対応しきれなくなることもあります。

一方中小企業ですが、地元にある小さな業者などを使う場合にもメリットとデメリットがあります。
そのメリットとは料金は低めの設定で、地域密着型なのでその土地の不動産についても詳しいというものがあります。
そしてそのデメリットとは、悪徳業者である可能性があることや、簡単には売れない可能性もあるということです。

つまり、どちらにせよメリットもデメリットも多いので、企業の規模自体はほぼ無関係と言えます。
自身のニーズに合ったところを選ぶようにしましょう。


築年数が査定に影響することもある

 

不動産を売却するとき、まずはどの程度の値段で売れそうか、ということを知りたいと思います。
それには物件の周辺の相場から調べると分かりやすいです。
最近ではネットで調べられるので、おおよその見当はつきますし、情報を得ている過程で信頼できそうな不動産会社も見つかります。
不動産会社が決まれば、プロに物件の査定をしてもらうことになります。
納得すれば契約して、購入したいという人が現れたら、売却条件を交渉します。
一般的に住宅であれば、築10年が売れるかどうかの基準になります。
あまり年数が経ってしまっていると、土地だけしか売れないこともあります。
もちろん、家の傷み具合や、地理条件などでも変わりますので、あくまでも目安です。
築10年以上でも売れた例は数多くあります。
マンションの場合は新耐震基準を満たしているかどうかが査定価格に大きな影響を与えますので注意が必要です。